未分類

全館空調 カビ対策は?

全館空調を備えている物件では、カビを発生させないために予め行える対策として日頃の室内の湿度の管理と個人的に行える清掃、業者による徹底した清掃とメンテナンスが挙げられます。
カビが発生する仕組みは、気温差が激しい時に窓ガラスなどに生じる結露がきっかけであり、全館空調ではパイプの中にて結露が発生する事でその後カビが発生する事が原因であるため、パイプの中に結露が発生しないよう除湿機を駆動しておくと予防に繋げられます。
そして、全館空調は吸気口から空気を取り入れて各部屋に備わっている排気口から冷風や温風が放出されますが、吸気口と排気口に埃などが蓄積していると十分に空気を取り入れて排気する事ができなくなります。
吸気と排気が正しく行われなくなると全館空調自体の機能の低下に繋がりますし、空気の循環が悪くなる事で内部の湿気が高まりやすくなるので、個人的に埃を取り除く清掃を施しましょう。
そのように室内の湿度と個人的な清掃を施しながら、定期的に全館空調の清掃をしている業者に深層部まで掃除とメンテナンスを依頼するとカビが生じません。

全館空調は、必要でしょうか?

三重県の新築住宅の全館空調はメリットとデメリットがあります。メリットはどこにいても温度が一定なので、お風呂場やトイレでのヒートショック現象が起こりづらいことです。キッチンでは火を使いますので夏は暑く水を使う分冬は寒いものですが、その心配もありません。どこにいても同じ温度なので、ドアの開け閉めをする必要がなくストレスフリーです。小さなお子様やペットのためにも安心です。また、室外機が必要ないので外観もすっきり見えます。いいことづくめのような全館空調もデメリットはあります。まず、メンテナンス費用がある程度かかります。メンテナンスをしないと、ダクト内にカビが生えることもありますので、必要です。部屋によって温度設定を変えることができない場合もあります。全体的に乾燥しがちになることもデメリットの一つでしょう。これは加湿できる物もあります。さらに、一度故障すると全ての部屋の空調が止まるというのは大きな問題かもしれません。

夫婦仲良くスムーズに家づくりを進めるために

家づくりを始める前に、夫婦で「理想の家」の確認をしておいた方がいいでしょう。そうでないと、三重の工務店でケンカをすることにも、もしかしたらなるのかも知れませんよ。実際に、そのようなご夫婦がいましたからね。
いや、理想の家のイメージを一致させないまでも、随所随所でケンカすることがあるのかも知れませんが。
わが家にしても、すべてピッタリと意見が一致したわけではありませんからね。
わが家の場合は、ケンカをしないように担当場所を決めました。

例えば、キッチンに関しては私に決定権があるということで。そしてトイレについては旦那の選択を優先させるというように。

外観や間取りに関してなどは、夫婦二人で決めていきましたが、設備に関しては担当場所を決めました。そのことがスムーズな家づくりにいい作用をもたらしたと思っています。

マンションの浴室のリフォームのポイント

浴室は毎日の入浴でとても汚れやすく、家の中でもいたみの激しい場所のひとつです。汚れが落としにくくなったと感じたらシステムバスを取り替えるリフォームを検討してみる時期かもしれません。マンションのバスルームは一般的には広くても約一坪程度のサイズで、通常は大きな窓をとることはまずありません。全く窓のない場所に浴室を設置していることも多く、窓からの換気は望めず浴室内の換気には換気扇が頼りというケースが少なくありません。そのため、マンションでの浴室のリフォームは湿気対策を万全にすることがポイントになります。また、リフォームのタイミングで浴室暖房乾燥機などを導入すると、洗濯物を干す場所の限られるマンションでの生活ではとても重宝します。システムバスであれば通常は3日程度の工事期間で済むので、それほど不自由を感じることなく工事を終わらせることができます。三重のリフォーム費用にはどの程度のランクのシステムバスを選ぶかが大きく関係してきます。

断熱性のいい住宅とは

断熱性のいい住宅とは、まず、断熱抵抗の大きい建物のことを指します。断熱抵抗を大きくするには、熱伝導率の小さな断熱材をいくつも重ねて入れるのが一番確実な方法です。ただ、その場合は壁だけでなく、床や天井にも入れる必要があります。次に、気密力の高い建物にする事。隙間のある家は冬のエアコンなどによる暖気だけでなく、夏場のエアコンによる冷気までもが逃げていく事になりますので、当然断熱性も低くなってしまいます。それを防ぐ為には、隙間風を防ぎ、暖気や冷気が逃げないようにするか、もしくは、住宅を選ぶ時点で、業者に依頼して気密力を測定してもらうのが良いでしょう。そして、換気力が適正な建物を選ぶ事。断熱性のいい住宅を選ぶのに換気をしても大丈夫なのかと思われがちですが、実は、断熱性の良い住宅には、換気力が重要な役割を果たすのです。換気力は、高過ぎても寒くなってしまいますし、低過ぎても結露が発生してしまうので、良くないのです。

家づくりの進め方

新築で注文住宅を建てる際の検討事項の一つが、「水まわり」です。
トイレやキッチンは、多くのメーカーが扱っているうえ、メーカーごとの種類もたくさんあります。
その中から希望に合った物を選ぶのは、かなり困難な作業です。
具体的には、三重県の工務店で新築注文住宅を建てる手順は以下のステップで進めて行きます。

「情報を集める」。
メーカーによって、「デザインを重視している」「機能を重視している」などの違いがあります。
業者だけでなく、実際に使った人にも訊くのがベストです。
「見積書を作る」。
システム構成は、オプションによって大きな差が出て来ます。
しかし、オプションは多くの種類があるため、まずは叩き台となる見積書を作ってもらいましょう。
その見積書に、追加の希望などがあれば、再見積もりを依頼します。
「見積もりの金額を比べる」。
システム構成と工事費などを合わせた見積金額を出してもらい、検討します。
業者によっては建築費に含めてくることもあるので、その場合は総額でジャッジしてください。

失敗しない土地探し2

注文住宅を新築する上で重要なのは、三重県の工務店で注文住宅の土地探しに失敗ないようにすることです。
まずは生活環境を確認しておくことが大切です。例えば地図で見ると駅から近いとしても、実際には起伏があって坂道が多いようなところもあります。このような道を毎日歩くとなると負担も大きなものです。
また買い物環境もチェックしておくことが大事です。自転車で行ける距離にスーパーがあるとしても、雨の日の買い出しは大変ですし、駐輪場が確保されているのかも確認しておくことが必要です。
また日中は通行人が多くても、夜になるとすっかり人気が少なくなる場所となれば、治安面での不安も出てきます。このように、現場を確認する場合には時間帯を変えて何度か足を運ぶことが必要です。
また、安いからといって変形地を購入するのには注意は必要です。資材を運び込むのに苦労して工期が長引けば建設費用がかさむことになります。また借り住まいの費用も加算することになるので要注意となります。

新築の土地探しについて3

新築で注文住宅を建てる場合には、三重県で土地探しのポイントを押さえておくことが大切です。
まず予算に応じて必要とする広さとエリアを絞ることになります。
交通の便が良ければ相場は高くなりますし、安い土地にはそれなりの理由があることになります。十分な予算がなければ、何かしらを妥協することにもあります。
例えば駅からの距離であったり、土地の広さや形、立地条件などが挙げられます。例えば道路から奥まった、いわゆる旗上の土地は比較的安く売り出されます。日当たりが悪かったり、設計や施工に苦労することが理由となります。
ハウスメーカーでは設計に対応できないこともありますし、様々な制約を受けることにもなります。
けれども工夫によって、理想とする家を手に入れることもできます。
あるいは地盤に問題がある場合には、土地の改良工事が必要になります。その分費用も必要となりますし、建設費用が少なくなってしまいます。そのような注意点を把握した上で土地探しをすることが大切です。

新築の土地探しについて2

新築で注文住宅を建設するためには、まず土地探しは必要です。分譲地を購入する場合と、個人が売り出している土地を購入する場合とがあります。分譲地はデベロッパーがひと区画を購入して、区分けにして分譲するものとなります。住宅地の開拓と共に商業施設を建設するなど、生活環境も整えるケースがあります。一方で個人が売り出す土地で条件の良いものを探すのは難しいものです。工務店などから情報提供を受けることが必要となります。また立地探しで大切のことは、生活環境の確保です。毎日の買い物に不便はないか、通勤に負担はかからないかなどを検討する必要があります。また、昼間の雰囲気と夜の雰囲気を確認しておくことも大切です。夜にあまりに静かすぎると、治安の面で不安も生まれます。逆に飲食店などの人が騒いでうるさいという場合もあるので注意が必要です。学校や公園、銀行や公共施設なども揃っているかどうかをチェックすることも重要です。

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました2

都会から離れた地方の広々した土地に家を構えたいという考えがあり、それまでに居住していたマンションを売却して憧れの注文住宅を建てることをついに実現できました。
もともと夫婦ともに出身が地方であったために、都会の狭さやせわしなさという空気感がどうにも肌に合わないとずっと感じており、特に妻がカントリースタイルやガーデニングに興味を持っていたため、それらを実現できるような土地となるとやはり地方となるのです。
子供はいないために教育についての懸念はなく、会社もマイカー通勤ができることとなったために、車で1時間程度離れた場所に70坪ほどの土地を購入して、ささやかながら注文住宅のマイホームを建築しました。
マンション売却資金と、それまでに貯蓄していた分でローンを組むこともなく購入できたのは、土地の価格が大変安かったためです。自分たちにとっては大変魅力的な土地でしたので、幸運に恵まれたと感じています。
マイホームも理想を詰め込んだ満足の行くものとなりました。あと数年で定年を迎えますが、早期リタイアも考えております。穏やかなセカンドライフが楽しめそうです。