2016年 10月 の投稿一覧

失敗しない土地探し2

注文住宅を新築する上で重要なのは、土地探しに失敗ないようにすることです。まずは生活環境を確認しておくことが大切です。例えば地図で見ると駅から近いとしても、実際には起伏があって坂道が多いようなところもあります。このような道を毎日歩くとなると負担も大きなものです。また買い物環境もチェックしておくことが大事です。自転車で行ける距離にスーパーがあるとしても、雨の日の買い出しは大変ですし、駐輪場が確保されているのかも確認しておくことが必要です。また日中は通行人が多くても、夜になるとすっかり人気が少なくなる場所となれば、治安面での不安も出てきます。このように、現場を確認する場合には時間帯を変えて何度か足を運ぶことが必要です。また、安いからといって変形地を購入するのには注意は必要です。資材を運び込むのに苦労して工期が長引けば建設費用がかさむことになります。また借り住まいの費用も加算することになるので要注意となります。

新築の土地探しについて3

新築で注文住宅を建てる場合には、三重県で土地探しのポイントを押さえておくことが大切です。
まず予算に応じて必要とする広さとエリアを絞ることになります。
交通の便が良ければ相場は高くなりますし、安い土地にはそれなりの理由があることになります。十分な予算がなければ、何かしらを妥協することにもあります。
例えば駅からの距離であったり、土地の広さや形、立地条件などが挙げられます。例えば道路から奥まった、いわゆる旗上の土地は比較的安く売り出されます。日当たりが悪かったり、設計や施工に苦労することが理由となります。
ハウスメーカーでは設計に対応できないこともありますし、様々な制約を受けることにもなります。
けれども工夫によって、理想とする家を手に入れることもできます。
あるいは地盤に問題がある場合には、土地の改良工事が必要になります。その分費用も必要となりますし、建設費用が少なくなってしまいます。そのような注意点を把握した上で土地探しをすることが大切です。

新築の土地探しについて2

新築で注文住宅を建設するためには、まず土地探しは必要です。分譲地を購入する場合と、個人が売り出している土地を購入する場合とがあります。分譲地はデベロッパーがひと区画を購入して、区分けにして分譲するものとなります。住宅地の開拓と共に商業施設を建設するなど、生活環境も整えるケースがあります。一方で個人が売り出す土地で条件の良いものを探すのは難しいものです。工務店などから情報提供を受けることが必要となります。また立地探しで大切のことは、生活環境の確保です。毎日の買い物に不便はないか、通勤に負担はかからないかなどを検討する必要があります。また、昼間の雰囲気と夜の雰囲気を確認しておくことも大切です。夜にあまりに静かすぎると、治安の面で不安も生まれます。逆に飲食店などの人が騒いでうるさいという場合もあるので注意が必要です。学校や公園、銀行や公共施設なども揃っているかどうかをチェックすることも重要です。

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました2

都会から離れた地方の広々した土地に家を構えたいという考えがあり、それまでに居住していたマンションを売却して憧れの注文住宅を建てることをついに実現できました。
もともと夫婦ともに出身が地方であったために、都会の狭さやせわしなさという空気感がどうにも肌に合わないとずっと感じており、特に妻がカントリースタイルやガーデニングに興味を持っていたため、それらを実現できるような土地となるとやはり地方となるのです。
子供はいないために教育についての懸念はなく、会社もマイカー通勤ができることとなったために、車で1時間程度離れた場所に70坪ほどの土地を購入して、ささやかながら注文住宅のマイホームを建築しました。
マンション売却資金と、それまでに貯蓄していた分でローンを組むこともなく購入できたのは、土地の価格が大変安かったためです。自分たちにとっては大変魅力的な土地でしたので、幸運に恵まれたと感じています。
マイホームも理想を詰め込んだ満足の行くものとなりました。あと数年で定年を迎えますが、早期リタイアも考えております。穏やかなセカンドライフが楽しめそうです。

注文住宅で土地を選ぶには3

注文住宅で土地を選ぶには、次の事項に注意する必要があります。注文住宅は建築基準法の規定に準拠して建てる必要がありますが、その土地の用途地域を調べ、建ぺい率と容積率、高さの制限と前面道路の確認が必要です。住宅に適した用途地域は第一種低層住居専用地域です。主に低層の住宅を建てるための地域で、高い建物や大勢の人が集まる建物は建てられないため、良好な居住環境が期待できます。建ぺい率と容積率は建てることができる建築の規模を求めるために必要です。敷地の正確な面積も必要となります。都市計画区域内で注文住宅を建てるためには、建築基準法に定める道路に接している必要があります。細い道路にしか接していない敷地内は注文住宅を建てることができない場合があります。法律上、希望する住宅を建てることができるかを確認したら、周辺の居住環境や、地盤の強さを勘案して土地を選ぶことになります。住宅を建てるには南斜面が良いとされていますが、あまり高低差のある敷地は住宅を建てるには適しません。

注文住宅を建てる際の土地の選び方

三重で注文住宅をたてるために土地を探しているのであれば、どのような探し方をすればいいでしょうか。
失敗しないための土地選びとしては、自分の目で確かめることです。
地図で確認をした場合には、周辺の道路の大きさなどを把握することが出来ますが、音やにおいに関しては地図上で確認をするのが難しくなります。
大きな道路に面していたり、線路が近くにある場合には、普段から騒音に悩まされることになるかもしれません。
小学校が目の前にあれば子供は通いやすくなりますが、そうなると子供たちの声が気になることになる場合もあります。
そして近くに焼き肉店などがある場合には、風向きなどによっては焼き肉のにおいが流れてくることになりますので、部屋の窓を開けにくい状態になってしまうかもしれません。
地図上である程度は確認することが出来ますが、実際にあ足を運んでみなければわからないこともたくさんありますので、実際に出向いて確認していくようにしましょう。

後悔しない住宅会社の探し方

住宅会社選びで失敗したという話は、インターネット上で見かけることがありますが、どのような点で失敗しやすいかというと、希望した仕様と違うものになってしまったり、予算を大幅にオーバーしてしまう、工期が伸びてしまう、担当の対応の仕方が悪い、施工不良などが挙げられます。
特に注文住宅の新築となると、何もないところから作り上げるため、住宅会社との信頼関係が良い住宅づくりの要となります。
住宅を新築したいと考えたら、まずは業者選びです。
評判のよい住宅会社を知っている場合は、実際にその会社が施工した住宅に足を運んだり、住んでいる人の意見を聞けるようであれば、質問してみるなど住宅会社の信頼性について調べてみると良いでしょう。
又、三重県で新築するなら工務店のモデルハウス、住宅展示場に足を運んでみるのも一案です。
展示場には様々な会社の住宅が展示してありますので、一度に効率よく家づくりについての勉強をすることができます。
インターネット上にも様々な口コミがありますので、気になる業者があれば調べるのもおすすめです。

失敗しない土地探し1

新築の注文住宅を建てる際の土地探しで重要なのは自分達できちんと歩いて見て回る事です。
今はインターネットで手軽に情報が手に入りますし、ハウスメーカーが代理で情報を探してくれる事もありますが、自分が住みたいと思う土地が絞れて来たら、実際にその土地へ行って歩いて見て、街の雰囲気を肌で感じる必要があります。
一度や二度見に行ったくらいで決めてしまってはいけません。
朝は車の通りが多いとか、最寄りの駅やバス停からの夜道は街燈がきちんとあるか、ごみステーションの様子、など生活する事をイメージして、いろいろな時間帯や曜日に見に行く事が必要です。
何度も見ていれば意外と騒がしかったり、落ち着かない様子があったり、ぱっと見ただけでは分からない事が見えてきます。
また、地元の不動産屋さんや地元の住人に話が聞けたら昔は田んぼだったとか、地盤が強い弱いなどの情報を得る事も出来ます。
一生住む場所となるのだから手間を惜しまずに失敗しない土地探しをしていきましょう。

新築の土地探しについて1

注文住宅を新築するにあたっては、勤務地や通学に便利であるとか、あるいは好きな街があるとか人気のある駅の近くに住みたいといった希望から土地探しを行うことも多いものです。但し主要な駅から近いと地価も高いですから、家族数とか将来への見込も含めて最小限必要な延床面積を計算してみます。それと共に土地にかけられる予算から土地の面積を導き出してみます。
サイトからは地域ごとの土地の価格を調べることができます。大体の地域が決ったらそこで売り出されている土地物件と広さを検索して探し出し、気に入ったものが見つかった場合には現地へ曜日や時間帯を変えて訪れてみて、周辺の利便施設や駅までの距離などを自分の目や足を使って確かめることも大切となります。そして地図には現れていないような嫌悪施設や騒音源になるようなところがないかも確認することも大切です。
土地は南北に長く矩形で高低差がなく、前面道路との関係も良好で、しかも前面道路幅は少なくとも4メートル以上あることが求められます。

耐震住宅について

耐震性の高い住宅を建てることは非常に大切です。注文住宅では基本的な性能を業者に任せることになるので、耐震性の高い設計を行うためにどのような工夫をしているのかをチェックすることが大事です。まず地盤をしっかりと強化するような施工を行うかどうかが大事なポイントになります。その上で、重量を抑えた構造になっているかも確認する必要があります。特に重心が上に偏っていると、少しの揺れでも大きく傾くようになってしまいます。さらに外観で注意したいのが窓の位置です。一階と二階と、同じ位置に窓を配置しておかなければ、大きな揺れが発生した時に壁に亀裂が入るようになります。また窓をあまりに大きく確保してしまうと筋交いも少なくなりますし、壁の面積が少なくなるので建物を支えきれなくなります。このような点に注意して設計を行うことが大事です。さらにコンクリートを使用する場合には、地盤が沈み込んで建物が傾かないように、強化工事をしておくことが必要です。